漆器は英語でJAPANと言われるように日本を代表する伝統工芸ですが、日本各地に存在する有名漆器の産地の中でも最も知名度が高く、また高級なことで知られる漆器は能登の輪島塗でしょう。

近年、輪島塗風の 木地が樹脂でできた量産品の食器は多く出回っていますが、本場の産地では今でも天然無垢材の木地や漆を使用し、漆を塗っては磨き塗っては磨きを繰り返し、また角などに麻布を張り、実用における強度を得る、といった古来から伝わる製法を守っています。こうして作られた輪島塗は、長年の使用にも十分耐え得る堅牢性が際立っています。また輪島塗は、金を使用した沈金や蒔絵といった装飾の美しさでも知られています。この沈金という 表面に専用の道具を用い文様を刻み、そこに金や彩色を象嵌していく卓越の技は職人の技の見せどころであり、名の知れた作家の手になるものは、市場評価も高く、家具や器であっても美術品としての評価がされているものもあります。

このような輪島塗のうつわ、食器は、 物産展や百貨店で目にするとわかりますが、高級品であり 高価なものです。 ですから 特別な時の贈り物、大切な方への贈答品として求められることが多いようです。

そんな輪島塗のうつわが、昔 贈答品としていただいて 押入れや台所の収納の奥にあるけれど、勿体無くて一度も使えないままになって仕舞いっぱなしになっている、というケースを多く目にすることがあります。

当店では、ご依頼いただいて、出張買取をさせていただく際に そのような輪島塗りの食器が出てきた際には、お客様と一緒に中身を確認し、その時の相場に合わせた買取金額を提示させていただきます。

多少汚れていたり、カビが出ていても問題はありません。

もし、お片付け中などで輪島塗の食器が出てきた際には、ぜひ当店にお問い合わせください‼︎

輪島塗り食器のみの買取ご希望の場合、ご来店お持ち込みか、宅配買取にて対応させていただきます。対象エリア内で他にも複数取り扱い品がある場合は、出張にて対応させていただきます。
取り扱い品ページはこちら→取り扱い品

2B99B987-9318-4F61-A8A7-1BF86D4C6C53

1010